ヤリマン人妻の書き込みが多いサイト
らぶらぶメール
らぶらぶメールのバナー
様々な出会いが可能な人気サイト

らぶらぶメールは、登録無料だから安心! メル友や恋人、割り切った関係まで幅広い目的の出会いが可能! 若い世代を中心に最も賑わっているサイトです。

出会いひろば
出会いひろばのバナー
登録無料で速攻出会う!

出会いにお金はいらない!無料で使えて確実に出会うなら出会いひろば。 希望の地域やタイプを選んで、理想の出会いを叶えてください。

SWEET LINE
SWEET LINEのバナー
最近話題沸騰中!!

SWEET LINEも最近人気が出てきています。 その理由は使いやすさと、出会いの実績。 サイト内の機能を使えば、素人でも簡単に好みの異性と出会えること間違いなし。

逆援での変態プレイ

互いのプライベートに踏み込まない

逆援サイトを使って、見事逆援助をしてくれる女性をゲットしたとしましょう。親しくなっていくにつれて、もっと相手のことを知りたいという欲求が出てくるかもしれませんね。しかし、逆援において、相手のことを詮索するのはタブーです。女性たちは、自分のプライベートに踏み込まれることを嫌がるはずです。もしなにかあって、男性が自分との関係を誰かにばらしたら、女性の生活は滅茶苦茶になってしまいます。もし既婚者であれば、旦那さんにばれて離婚の危機に陥ってしまうかもしれないのです。そして、女性の生活を壊してしまうだけでなく、もしかしたら旦那さんから高額な慰謝料を請求される恐れもあります。

仮に結婚していない女性でも、男性が自分との交際を周りの人にばらしたという理由で、慰謝料を請求してくる恐れもあります。逆援においてはリスクが伴うものなので、互いにプライベートには踏み込まない方が、関係がうまくいき、長続きするはずです。そうして信頼を深めていくことで、場合によっては女性からもらえる報酬額もアップするかもしれません。

童貞のふりをした場合

逆援助交際において、童貞であることは一種のステータスです。なぜなら、女性にとって相手の男性が童貞であるということは、自分好みのセックスの相手にすることができる可能性があるからです。しかも、童貞であればそれだけで高額な報酬をもらえる可能性も高くなるでしょう。童貞ということを理由に、最初に値段交渉を女性と行うといいかもいれませんね。ちなみに、相場は20万ほどのようです。しかし、女性の性格によってはそんなに払ってくれないこともありますし、交渉した時点では20万と言っていたのに、いざ払う段階になったらもっと高いお金を払ってくれた、なんてこともあるかもしれません。

しかしそうなると、「ずっと童貞のふりをしよう」などという思いが出てくるかもしれませんね。恐らく、童貞を捨てたばかりの頃はまだ慣れないことも多く、童貞のふりをするのは簡単でしょう。しかし、どうしても童貞を捨てたことで、自信がついてきてしまうはずです。女性が処女のふりをするのは簡単ですが、実は男性が童貞のふりをし続けるのは、とても難しいのです。完全に受け身となって女性とセックスをするならばれない可能性も高いですが、自分から女性を攻めるとなると、ほぼ確実にばれるでしょう。逆援で童貞を求める女性は、童貞男性の初々しさを買いたいのです。もし童貞でないことがばれてしまっては、女性の機嫌を損ねるだけでなく、報酬を払ってもらうことさえできなくなるでしょう。

変態プレイについて

女性がセックスをしたければ援助交際をすれば済む話ですが、自分がお金を払う逆援助交際をするということは、普通はできないようなプレイをしたいと思っているから、というパターンもあります。たとえば、男性に自分のオナニー姿を見てほしいと考えている女性もいるのです。意外にも赤ちゃんプレイが人気のようで、その場合は男性が赤ちゃん役にになります。男性にとってはかなり恥ずかしいかもしれませんが、それでも、もらえる報酬は高額です。しかし、オムツを履いた状態で排泄をすることを要求されることもあるので、事前にしっかりとプレイ内容を確認しておくか、覚悟を決めておいた方が良いかもしれません。

ほかにも、男性が女性の前立腺を刺激するようなプレイや、足コキを要求してくることもあり得ます。Mの男性にとっては、これは願ったり叶ったりかもしれませんが、そうでない人にとってはかなり恥ずかしいでしょう。しかし、こういった恥ずかしいプレイも、高額報酬を望めるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">